スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽曲担当から 

お久しぶりです。AKBの星です

一応私用にカスタマイズされた(?)名前があるようですが、どうせこれ以降記事を書くこともないしこの名前でいきます。

前回の投稿は6月の初旬頃でしょうか、ほとんどはじめましてですね。




今回の映画に使用する楽曲が揃い私の中でのストラテジーは一段落を迎えたので、反省もしながら感慨深げに振り返っていこうと思います。

から書かせて下さいと訴えて今ここに書いています。




楽曲製作の話がきたのが4月の中頃。
それまでに作曲経験もありましたが全てピアノ曲。
映画のサウンドトラックのように壮大で迫力のあるものなんて創れるんかいな?
そもそもどうやって?
とまあ全く1からのスタートでした。



こうして見つけたのが、『DTM』デスクトップミュージックというもの。
簡単に説明すると、録音したり打ち込みという作業で作成した「オーディオデータ」や「MIDIデータ」を作曲ソフト上でアレンジしていきます。


伝わったでしょうか?やっぱり言葉で表すのは難しいな。実際私もソフトを触りながら身体で覚えましたし(笑)。



最近話題のボーカロイド(初音ミク等に代表される)の曲も、このDTMによって製作されています。


これで自前のオーケストラなんぞもっていなくても多人数多楽器で構成される音楽を創れるわけです。




こうして今まで製作活動を部活や塾と両立しながら行ってきました(かな…)。




私はプロではないので与えられたテーマに忠実な色の曲を創ることはできません。そこでブレインストーミング法の如くモチーフを量産し、雰囲気のそれっぽいものをアレンジして創ってきました(そもそもこの映画のテーマをまだ完全に理解出来ていない気がします)。

今回曲になることなくボッシュートされた多くのモチーフさんたちにもなかなか気に入っているものもあるので、機会があれば使っていこうとおもいます。



終わってみれば作曲の方法ですら手探りの状態からよく一通り創りあげたなあと思うと同時に、完成された曲の絶対数が少なかったとの反省もあります。
もっと時間が欲しかったです。





本編のEDに使用される曲は予告編のものよりかなり気に入っているので、もし来られた際は聴いてくだされば幸いです。

スポンサーサイト

秋に 

はい、サイモンです

最近は文化祭やら体育祭でみんなが忙しくやっている中
部活で切磋琢磨しているわけですが、
最近はあきになったのかなってないのかわからないですけど
暑いくせに日が降りるのが早くなりましたね。
今日は特に暗かったです。
みなさん夜道にはお気をつけください
転んで怪我とか結構痛いので

それと今日は哲学対話なるものに参加させていただきました
テーマは善悪は存在するのかについてですが
みんないつもの元気はどうしたってぐらい引っ込み思案で
自分が頑張って発言して恥を書くという
悲しいものでした。
後半になると議論が面白い方向になり、
自分も新しい発見ができてよかったです。
ではおやすみなさ

走る 

こんばんはサイモンです

涼しくなったなーと思ったらこの暑さ!なんなんでしょうね?
さて今日の撮影は走る撮影!色々用事があって短時間でやらなければなりませんでした。
今日の撮影で大変だったのはカメラの上を通る撮影。
使われるかわわかりませんが飛ぶの怖すぎです
カメラ踏んじゃうんじゃないかと内心ビクビクでした。
ビクビクしてたせいじゃなかいですけど、もう汗だくで仕方ありませんでした。

では、このへんで

昨日の撮影 

こんにちはお久しぶりのサイモンです

今日は学校で水田の除草をしました。
暑い日差しの下、足が沈む泥の上、懸命に雑草を引っこ抜いて行きました。
それが疲れるのなんの、足が取られて進まないことも、稲にちくちく刺されることも、
泥がかかることも気にしないなんてことはできませんでした。

しかし、それも昨日の撮影に比べたら大分ましでした。
きのうは炎天下の中、日差しに焼かれたアスファルトの上で、
黒い革ジャンを見にまといながら走るという何とも大変なことをしました。
よく熱中症にならなかったです。ならないために水をたくさん飲んだり塩飴を舐めたりしたんですけどね。
しかし、自分はかなりばてたのですが、同じぐらい動いている二人がかなり元気で弱音をはかず尊敬しました。
自分も運動しなければと思ったサイモンでした。。

本題にたどり着かない旅~記事を書く 時間~ 

どうも、ウラノスです、ブログの記事を書くのって皆さん何分くらいかけるのでしょうね。私、遥か昔(2年以上前)に個人のブログを始めた頃はいろいろ頑張って1記事90分くらいかけた記事もあります、でもそれも10分くらいで終わらせた記事も結構差がなかったりするのですよね。ちなみに私はこの映画班ブログの記事はだいたい15分ほどで書いてます、サクっとね。見直しとかしませんしね。いろいろ間違いがあってもそれがナチュラルなのです。ようは、いろいろ味を整えて完璧を追求したジュースと100%果汁搾りたてジュースどちらが勝つかどいうことです。私が思うに、美味しいと思う、あるいはいいと思うのはより自分に近いものであると思うのです。友達にしても、もう性格もよし成績もよし外見的なところは自分に劣ってる(=恋敵としても引き立て役としてよし)な人より、似てる人のほうが良い・・・わけではないですね、僕自身を振り返りましたけど。まぁ人と人は不思議なつながりですからね。こういう一般化みたいなことはできないのです。


まぁ、この喩えは悪かったとしても、我々もやはり好むのは自分のイミテーションということです。自分に意見が合う人ばかりつい周りに置きたくなりません?まぉ、そういうことです。で、我々は完璧ではない、自然なのだ、だから自然なジュースを好み、自然な文を好むのである。


はい、以上が「なぜウラノスが書く日は間違いが多いのか」についての5分かけて書いた言い訳です。

聞き分けのないやつだなお前はとか言うじゃないですか。ようはオメー物分り悪すぎバカじゃねーのみたいな。で、これを少し変えると「言い訳のないやつだな」、つまりジョージのように間違いを素直に認める人のことになるのです、さぁ、ブログというネット世界への渡航口からこれを発信することで流行語大賞にノミネートされてしまえ!ちなみに東急田園都市線、半蔵門線からは押上行きがありますが、東武線からは押上行きはほぼ100%(押上0:15着の押上行きがある)ないのです、そういう時は東武のことを「押上のないやつだな君は」と言ってもいいかもしれません。うわくだらね。


はい、ということで残された時間はなんと1分、ベースのスラップについてのグダグダ話はまた次お会いする時にしましょう。


それでは。

勉強 

こんにちはサイモンです

期末テストが一週間前に迫った今!勉強をしなくてはいけないというのに、つい遊んでしまうということはありませんか?例えば、試験前なのに漫画を読み始めてしまって終わらなくなったとか、勉強するために掃除をはじめたら関係ないところまで掃除してしまっただとか…悲しくなります

なんか勉強しなくてはならなくなふと勉強できなくなるといういいわけでした。
以上駄文長文失礼

創るか伝えるか。 

どうも最近映画班の仕事が全く出来ないウラノスです。バンドがなぁ。内と外のそれぞれにいろいろありまして。でもその壁を乗り越えた先に生まれる演奏は、上手い下手を超えて何かあると思います、お楽しみに。映画より見る価値があるのかもしれないし、ないのかもしれないし、どちらも主観的な見解しか持てない私にはわかりませんが。

まぁ、積極的なリフューズ(仕事を断る)アウトソーシング(おなじ班員に回す)フォゲット(忘れる)のRFAで逃げ切るしかないですね。


さて、昨夜のMステでは桑田さんが!!



「幸せのラストダンス」と「100万年の幸せ!」をメドレーにしてました。
で、一部で話題になっている、最後の行為が子供のマスコットであるちびまる子ちゃんをどうのこうのとかいうのはどうでもいいのです。ただ、見て思ったのは、桑田さんはステージづくりがうまいというか、魅せる、そこにこだわっているというか、演出が凝ってますよね。


そんな結婚会場がいつの間にか風船舞う童話の世界になるとは誰も思ってないし、そもそもKARAやカトゥーンがいる中で踊りをぶつけるということはなかなかな度胸で・・・。

結局、いいものを持っていたって伝え方が上手くなければ誰にも理解されないし、クリエイティブよりテルの方が大事だと私は思っているのです。「知ってるから使える」という標語と同じですね。


ちなみに桑田さんは再来週も出るのでお楽しみに。
それでは。

企画をやってやるさ! 

どうもウラノスです、小道具の部下が二人出来ました!つまり私は隠居なのです。バンドの方をこれから力を入れねばならんのです。というか、バンドの方がですね、結構遅れてるというか、新米のバンドのくせに音楽祭だ期末だで練習は最近してませんね。もう最後がいつだったか思い出せませんよ。



ということで、桑・・・・え、なに、企画だぁ?わかりましたよやりますよ。


映画で心に残ったセリフ。

っていわれてもですねぇ。なんだろうな、一言一句覚えてるのってあまりないなぁ。まぁ、あれですね、恒例の稲村ジェーンより、
「湘南?湘南なんて誰も言わないの。この辺りじゃ、ここは稲村、稲村ケ崎。」
このセリフね、もちろん台本は桑田さんなわけで、彼が考えたのですが、有名ですけど、メッセージ性が強いですよね。キラーストリートに入っている「君こそスターだ」でははじめにいきなり「稲村ヶ崎は今日も雨」という歌詞があります。桑田さんも「この辺り」の人ですから、稲村ヶ崎はなんでしょう。「湘南SEPTEMBER」?それは、その、あの・・・・。



ということで桑田さんは、最近動きまくりなのです。アルバムは出すし、テレビにも出まくりだし、お台場合衆国のテーマソングは書くし、ドコモのCMに出る予定だし、YoutubeではPVが復活してきているし、秋からはツアーだし、いやぁもうどうしたおいって感じですよ。それぞれについて語ろうと思いましたが、夜も遅いのでやめておきます。

とりあえず、22日のMステは必見。



それでは。

小道具の仕事の話。 


どうもウラノスです。メタファってあるじゃないですか。で、私は昨夜とある夢を見たのです。夢の内容はどうでもいいのですが、その夢が現実の話だったのです!私は非常に感動しました。



しかしですね、よく考えると昨夜寝る前にパソコンで見たことでして、結局メタファとかそんなものかと、落胆しました。



さてさて、ここで息抜きに映画班の活動の話。私は小道具を作る役目なのですが、今日の昼休みにリックから必要なものリストを受けとりまして。で、なんかリックが細かく説明して下さったのですが、正直覚えられないので予め書いておいて欲しかったです。



で、なんか見ると、登場人物を乗せる台を用意しろ、とか言うのもあるのです。しかし、そんなもの家や授業中には作れねぇよ!



まぁ、とりあえずやってみようかなと思いますよハイ。



さて、本題。桑田佳祐さんの新ベストアルバムが7月13日だったかに発売される~これはすごいですよ、桑田佳祐ソロで20周年の年ですからね。思い返せばミスチルも20周年だとか言ってましたが、このソロワークスの集大成が発売され、それを引っ提げたツアーが開催されるということは、ソロは区切りがいいところ、つまりサザンの復活が望めるわけです!



因みにこのベストアルバム、ちびまるこちゃんのEDテーマの「100万年の幸せ!」とかの新曲も入ってるのです。その時点で、ベストアルバムじゃなくね?とか思いましたけど、そんな粋のないことは言いません。


で、新曲は毎週土曜に聞けますけど、でもフルで聞けるわけではないですし、何よりもその曲のときまで飛ばすのがiPodだとめんどくさい。しかしアルバムに入っているならば聞きたいときにササッと聞けるわけです。


新曲以外にも今までの曲でどれが入るかな、とか順番はどうかな、とか想像してると楽しいのです。例えば「波乗りジョニー」とか鉄板はいいとして、「孤独の太陽」みたいな真ん中くらいの曲がどうなるかがキモですね。


しかし10年前の「TOP OF THE POPS」と曲は被るのでしょうかねぇ。まぁ、同じく10年ごとにベストアルバム出してるミスチルを見ると、あちらは肉骨とミクロマクロってのがあって、曲は被ってたかな?被ってなかったかな?どっちだったか忘れましたね。



そういえばミクロマクロはすごく売れてるみたいですけど、なんででしょうね。あっちも似たような感じで、新曲入りです。そして彼らはセールスが上手かったですね。いい感じに焦らして、直前はメディアに出まくる。



で、あちらの新曲達はそんな昔じゃない時にシングルで発売してるのです。そしてベストアルバムにも入れた。ではなぜ桑田さんは新曲をシングルで発売しなかったか。


それは2つ理由が考えられて、1に新曲3曲ともあまりインパクトのある感じではないこと。2にベストアルバムには新曲を既存の3曲だけではなく、もっと入れるのではないか?



というか、ドラえもんの主題歌、みたいなやつだった福山雅治の「生きてる生きてく」はたしかEDに使われて1ヶ月くらいで発売されてたのになんでちびまるこの方は発売されないのか、甚だ疑問ではあります。



で、ツアーの話も触れたかったのですが家についたのでそちらはまたいつか。


それでは。

アメダス山脈。 

アンデスだろ~!ということでどうもウラノスです。

今日は風が強かったですね、まったく。そのなか私は傘なしで自転車を漕いだのですからチャレンジャーってやつです。でもなんか自分が最強の英雄になったかのような錯覚がありますよね。ないですかそうですか。水浸しの地面に車輪で一筋のラインを描くわけです。スーッと。気持ちいい!実際はいつスリップするかヒヤヒヤですが。


で、家帰っても宮根さんから森田さんまでみんな口を揃えて「春の嵐」だとか。そういえば嵐のなんかスペシャルの名前がまさしくそれでしたね。大丈夫なのか・・・。で、本題はここからです。見ていて思ったのですが、なんか気象庁が飛ばした人工衛星にアメダスってのがいるじゃないですか。あれ、なんか名前的に縁起が悪いというか、雨出す、みたいな。な~んかせめてテンキッキーとかテンキミルミルとかハレマスとかミテマスとかなんとかほかの名前なかったんですかね。


ということで調べましたアメダスの由来。なんでも、http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061219/257338/によれば、

Automatic Meteorological Data Acquisition Systemという英語の略でAMDASで、AMEDASにすれば雨とかけられて面白い、
という経緯で決まったようです。

なんて適当な・・・。


さてさて。ところで桑田さんのニューアルバムとツアー開催決定が公表されましたよ。


それでは。

copyright © 2017 むささび映画館-CEREALS63- all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。