スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番手は重要だという話 

どうも、撮のキャメロン・モントリオです。だんだん一文目を短くしていく企画をはじめました。どこまでいくかお楽しみに。

さて、好きなセリフという企画ですが、ある漫画から各巻一つずつ気に入ったセリフを羅列します。何の漫画か考えてみてね。

「何かが変わると思った。」
「白馬に乗った王子様は、もしかしたらいると思った……」
「スプーン曲げ騒動。」
「その前に、やらなきゃいけないことがある。」
「あたしタコじゃないもん!!」
「トンネルの土を外に捨てる装置だ」
「光だ。」
「戦わなきゃいけない時がある。」
「みんなに力を貸して欲しいの。」
「彼は27才で何者かに毒殺された。」
「幸せになれ。」
「みんな家に帰ろう。」
「あとの59億4千万人はどこへ行ったの。」
「じゃあ、お姉ちゃんも正義の味方になってよ。」
「橋ゲタは俺が支える。」
「あいかわらずボウリングのブームは来ない。」
「矢吹丈だ。」
「歌、歌ってる奴を……撃つな。」
「ボウリングブームの再来だ!!」
「人類の勝ち……」
「白馬の王子様なの……」
「俺たちの遊びは終わりだ。」
「世界をつかむのはきまって……コピーのコピーだ」
「やらなきゃいけないことをやるんだってな!!」

疲れた…

明らかにわかってしまうセリフは外しましたが、有名な漫画なので割とわかると思います。巻数もヒントになるし。

この機会に再び一通り目を通してみて、全体の構成の巧さを改めて感じました。

あまり一人目の流れに縛られないほうがいいのかなと思ったので、こんな感じになりましたが、明日からが楽しみです。

マリオの魅力其の四
完璧過ぎるドット絵

では。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://cereals63.blog.fc2.com/tb.php/167-c751f276

copyright © 2017 むささび映画館-CEREALS63- all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。