スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「超越的第3者」について。 

どうも、ウラノスです。ハンドルネームっていうのは、いわばもう一人の自分ですから、その「もう一人」を複数つくるともう自分が混ざりますよね。僕はいったい誰なのだ。そして正直読者の方々も、ほんとうにウラノスの中の人がウラノスと名乗っているかはわからないわけで、つまりそこに不安要素を生み出す確率があるのです。だから、告白は直でやったほうがいいのでしょう。


さて。今レコード大賞を見ているわけですが、KARAはスカートの下のズボンが見えましたが、AKB48はスカートの中は見せそうで見せないですね。なにも履いてない?まさかね。そして観客とAKBの温度差が・・・。AKBは熱く熱く「ラーブフラゲーーー!!!」と歌っているのに観客は「はやく北島三郎でないかしら」という風な感じで青白く光る棒をなんとなーく左右に振っているだけ。それをさらにみている私としては、それらをひっくるめて「へっやっぱAKB好かんわ~」とか思うのです。


我々のように、来訪者に何かを提供する、エンターテイナーとしてはこういう「超越的第3者」というのも意識してつくらねばならないのです。学生のつくる映画において「超越的第3者」とは何が相当するのか・・・。う~んなんでしょうねぇ。考えるのが難しそうなのでまぁ、ひとまず我々は一つの世界を生み出すにおいて、視野を広げないといけないということですね。



そして、おまけとして。私は早春に旅行に行くのですが、ムーンライトえちごやムーンライトながらがな~い!空席がないんですよ、ほんと。こいつらは何が便利って、目覚めれば遠方についているし、国鉄の特急形列車をつかっているのに通常の運賃+510円でのれちゃう。すばらしい。そして、当然ながら「カンフーパンダ」とかみたいに3000円もかけなくても見れる映画が我々のつくる映画です。もちろん無料!大事なことですので。



それでは。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://cereals63.blog.fc2.com/tb.php/20-d35e501d

copyright © 2017 むささび映画館-CEREALS63- all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。