スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒューゴの不思議な発明 

どーも。クリスティーン・シュンペーターです。

昨日「ヒューゴの不思議な発明」を見ました。
マーティン・スコセッシ監督の、アカデミー賞たくさん取ってたやつです。

ファンタジー的な作品かと勝手に思ってたんですが、全然違いました。
分類としてはドラマになるんですかね。

映像はきれいですよ。
舞台がパリなのですごく華やかです。

劇場では3Dだったらしいですが、正直3Dが合いそうな気はしなかったです。
昔の白黒映画のシーンとかもありましたし、3Dだとその辺が浮いちゃうんじゃないかと思いました。
まあ実際に3Dで見てないんで分かりませんけどね。

ストーリーは迫力があったりとか緊迫感がすごかったりとかそういう感じではなく、割と落ち着いた感動モノでした。
僕は冷たい人間であまり感動しないのでこういう作品は苦手なんですが、普通の感覚を持ってる人なら感動できると思います。
あと個人的には最終的にだから何なの?って思っちゃいました。


全体的にちょっと批判的に書いちゃいましたけど、単にアカデミー賞とかで見る前にハードルが上がっちゃっただけです。
あと少し苦手なタイプだっただけです。
普通に見れば良い作品だと思いますよ。

全体的に明るいですし、グロい描写もないですし、そんな複雑でもないので誰でも楽しめると思います。

個人的にはスコセッシ監督の作品だと「シャッターアイランド」の方が好きでしたけどね。
同じ監督とは思えないほど雰囲気が違います。

では。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://cereals63.blog.fc2.com/tb.php/228-557fd354

copyright © 2017 むささび映画館-CEREALS63- all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。