スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽曲担当から 

お久しぶりです。AKBの星です

一応私用にカスタマイズされた(?)名前があるようですが、どうせこれ以降記事を書くこともないしこの名前でいきます。

前回の投稿は6月の初旬頃でしょうか、ほとんどはじめましてですね。




今回の映画に使用する楽曲が揃い私の中でのストラテジーは一段落を迎えたので、反省もしながら感慨深げに振り返っていこうと思います。

から書かせて下さいと訴えて今ここに書いています。




楽曲製作の話がきたのが4月の中頃。
それまでに作曲経験もありましたが全てピアノ曲。
映画のサウンドトラックのように壮大で迫力のあるものなんて創れるんかいな?
そもそもどうやって?
とまあ全く1からのスタートでした。



こうして見つけたのが、『DTM』デスクトップミュージックというもの。
簡単に説明すると、録音したり打ち込みという作業で作成した「オーディオデータ」や「MIDIデータ」を作曲ソフト上でアレンジしていきます。


伝わったでしょうか?やっぱり言葉で表すのは難しいな。実際私もソフトを触りながら身体で覚えましたし(笑)。



最近話題のボーカロイド(初音ミク等に代表される)の曲も、このDTMによって製作されています。


これで自前のオーケストラなんぞもっていなくても多人数多楽器で構成される音楽を創れるわけです。




こうして今まで製作活動を部活や塾と両立しながら行ってきました(かな…)。




私はプロではないので与えられたテーマに忠実な色の曲を創ることはできません。そこでブレインストーミング法の如くモチーフを量産し、雰囲気のそれっぽいものをアレンジして創ってきました(そもそもこの映画のテーマをまだ完全に理解出来ていない気がします)。

今回曲になることなくボッシュートされた多くのモチーフさんたちにもなかなか気に入っているものもあるので、機会があれば使っていこうとおもいます。



終わってみれば作曲の方法ですら手探りの状態からよく一通り創りあげたなあと思うと同時に、完成された曲の絶対数が少なかったとの反省もあります。
もっと時間が欲しかったです。





本編のEDに使用される曲は予告編のものよりかなり気に入っているので、もし来られた際は聴いてくだされば幸いです。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://cereals63.blog.fc2.com/tb.php/255-13f69215

copyright © 2017 むささび映画館-CEREALS63- all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。