スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PLANETOFTHEAPES 

シュンペーターです。

今日はティム・バートン監督の「PLANET OF THE APES / 猿の惑星」を見ました。
以前、フランクリン・J・シェフナー監督の「猿の惑星」も見たんですが、技術の進歩ってすごいですね。

ティム・バートン監督の作品はフランクリン・J・シェフナー監督の作品の約30年後に公開されましたが、その間にCGの技術がかなり良くなっています。
古い猿の惑星ではCGに少し違和感がありましたが、新しい猿の惑星ではほとんど違和感がありません。
また、ワイヤーを使った動きなど、大きな進化を遂げています。
しかし、特殊メイクに関しては、古い猿の惑星もかなり精密なものだったので、どちらもとても猿っぽくなっています。

ストーリーは全く違う話になっていますが、個人的には古い方がシンプルで好きです。
リメイク版と元の映画を見比べるというのも面白いですね。

今年の2月には新作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」のブルーレイ&DVDが発売されます。
創世記では猿のメイクをCGで作っているらしく、さらにリアルになっているので、早く見てみたいです。

それでは明日もお楽しみに。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://cereals63.blog.fc2.com/tb.php/26-85f911cd

copyright © 2017 むささび映画館-CEREALS63- all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。