スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

総括1/3 

こんにちは。
ヒラリー・ノリントンです。

久しぶりの更新です。
製作に書けと言われたので。

文化祭が終わってもう一週間になります
でも誰も総括してないんで総括します。


まず、結果として良かったという点です。

審査も好評を得ることができ、特に技術面での評価が高かったのは監督兼編集のダニエルズのおかげが大きいですね。

5.1ch(モノラルは1ch,ステレオは2chなのに対して6個のスピーカーで臨場感を出す)は映画にお客さんを引き込むには非常に良かったし、ウーファー(低音専用の補助スピーカーで0.1chとして数えられている)のおかげで音のバランスも予想していたよりも良かった。
そのせいで裏手はケーブルが十数本あってすごいことになっててケーブルを引いた僕しかケーブルの配置を理解できていないという状況になった。

字幕をギリギリに追加したのもすごい意味があったし、結構お客さんを楽しませうことができたと思う。

アクション映画だからアクションを重視した中でアクションのクオリティが十分あったことは良かった。
ここで失敗してたら全てを潰しかねないし、ストーリー性が弱めだからバランスが崩壊する所だから。
ただ、もう少しストーリー性はあっても良かったんじゃないかな。
脚本に関わっていない僕が言うのは無責任かもしれないけど。

全体としてよかったから映画自体は良かったんじゃないかと思う。


そして何と言っても内装は凝った作りで他に誇れるレベルだったと思う。
でもこのまま書くとすごいことになりそうだから続きは明日ということで。

総括こうご期待!

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://cereals63.blog.fc2.com/tb.php/274-207b8241

copyright © 2017 むささび映画館-CEREALS63- all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。