スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制作秘話:脚本その1 


どーも。クリスティーン・シュンペーターです。

このだんご三兄弟風の何かが書かれた汚いノート。
これに脚本が全て書かれています。
1年間酷使され続けた百均のノートです。


さあ、制作秘話もついに最初の山場、脚本まで来ましたが、脚本は一番時間のかかった作業なので一回には収められません。
ということで今日はおおまかなことだけにして、これから何回かに分けて書いていこうと思います。


脚本はプロットにそって最初から順番にノリで書いてました。
基本的にはセリフが中心なので制約が少ないとこはサクサク進められたりちょっとふざける余裕があったりするんですが、ストーリーの重要な部分にさしかかるとプロットの雑さが響いてきます。

流れを自然にするためにプロットが変えられるのも1度や2度ではありませんでした。
登場人物まで増えたり減ったりしましたからね。
ラストの流れなんて何回変更されたことか。
この辺の苦労は次回以降に。

で、なんとか全体の流れができても時間が短いとか、富樫弱っとか、拓と木村強すぎだろとかでかなり展開が変わりました。

とにかく変更が多い。そして重要なとこほど進まない。
脚本の作業はずっとそんな感じでした。

時々作業に飽きて人物設定考えたりして大量の時間を無駄にしました。
これも制作秘話で書くかもしれませんね。


こんな感じで全体的にグダグダだった脚本ですが、1年前のことなのではっきりと覚えてません。
どうでもいいことは覚えてるんですけど、重要な部分に限って記憶がありません。
他の人に期待しましょう。

では。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://cereals63.blog.fc2.com/tb.php/294-3108438e

copyright © 2017 むささび映画館-CEREALS63- all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。