スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fight. Dream. Hope. Love. 

どうも、キャメロン・モントリオです。NHK朝の連続テレビ小説あまちゃんが始まりましたね。爽やかで明るくていわゆる朝ドラっぽいですけど、クドカンなのでね。あと鉄拳のパラパラマンガね。じぇじぇじぇってなった。



で、LesMiserablesの映画を見てきました。話つながってないですね。近くの映画館では4月5日までで終了だし、毎月一日はどなたでも1000円だしと思って昨日見てきました。


やはり完全にミュージカルなので、最初の方は「なんでこの人たち歌ってんだろう」という違和感は少しあったんですが、場面が1823年に移ったあたりから全然気にならなくなって、すごいなと思いました。


当然かもしれませんが、全体的に音楽が素敵で、ワンデイモアのところとか、これがあの革命前夜ってやつかと思ったし、民衆の歌がもう。


あと全体的に建物の壁がいい感じでした。Y字路が、三谷幸喜監督のマジックアワーのY字路と似てる気がした。あと宿屋夫妻。たくましい。素晴らしいと思います。


で、なんといってもラストなんです。ラストがほんとにかっこよかった。歌が、歌が聞こえるよ!みたいな感じでした。もうね。最後にあれをやられるとね。何も言えませんね。



で、あとはどうでもいいこと。
まず、いつの間にかNOmore映画泥棒が新しいのに変わってた。なんか増えてた。びっくりしました。
あと、本編にでてきたマリウスという青年が、途中から本田圭祐にしか見えなくなっちゃって困りました。



あと監督が被写界深度にうるさいので気を付けて見ていたら、ソロで歌うときとかむちゃくちゃ浅いんですね。もう顔くっきりだけど背景どころか首の時点でボケボケみたいな。びっくりしました。


というわけで、あまちゃんのことはこれからも書くかもしれない気がします。この辺で。では。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://cereals63.blog.fc2.com/tb.php/362-b538f049

copyright © 2017 むささび映画館-CEREALS63- all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。